世にも不思議な驚きの沈没船!

今から数千年前、人類は船を発明しました。
頼りない丸木舟や、木に穴を開けただけの小舟だった時代から、人類は英知を結集し、数千年をかけて、見事な客船や恐ろしい軍艦に至る道のりを歩んできました。
ですが、21世紀になっても、太古の昔と同じように、船は沈没することがあります。
自然の脅威にさらされたり、軍事行動のさなかであったり、乗組員のミスであったりと、その理由は様々です。
海や湖の底に散らばる沈没船の残骸は、人の心を惹きつける独特な魅力を放っています。
今日は、実に心動かされる沈没船について、皆さんにお届けしたいと思います。

ヒューロン湖に眠る帆船「スウィープステークス号」と沈没船群
「エンパイア・ヘリテージ号」船上の沈没戦車群
クルーズフェリー「エストニア号」. 国家機密とされた海難事故
商船カプタヤニス号. 「シュガーボート」
戦艦「ビスマルク」. 撃破された海の王者

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。