猛獣との刺激的すぎるふれあい体験

人類は長い間、どう猛な野性動物によって常に命を脅かされてきました。
ヒトが知性を獲得する前、まだ猿に近かった私たちの祖先は、深い草むらや木の上に隠れ、トラやライオンから身を守っていたのです。
ところが、ご存じのように人類は高度な知恵と強い力を獲得し、今では逆にどう猛な獣たちが人間を恐れるようになりました。
これまで一体何種類の猛獣が、ハンターに追い詰められて絶滅したことでしょう。
私たちは今、危険な動物とは無縁の安全な暮らしをしています。
都市部でも田舎でも、狼や熊、あるいはトラに突然襲われることはほとんどありません。
とはいえ、はるか昔から遺伝子に刻み込まれた、危険な獣に対する本能的な恐怖心が消えてなくなったわけではないのです。
石器時代の祖先のように猛獣と対面して、その刺激を楽しもうなどという試みは、正気の沙汰ではありません。

ウェリビー野外動物公園(オーストラリア)
クロコザウルス・コーブ(オーストラリア)
クロコダイル・ファーム(タイ)
コクレーン・ホッキョクグマ居住村(カナダ)
シベリアンタイガーパーク:東北虎林園(中国)
セブ動物園(フィリピン)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。