正しいかもしれないゲームの悪役9選

大半のゲームの悪人は、邪悪でそれを誇りにしていますが、これからご紹介するゲームの敵はそうではありません。
彼らの複雑な行動の陰には、自分の正しさへの硬い信念と、そうしなければ世界を良くできないという確信があります。
さあ、自分の倫理観のコンパスを取り出してください。
これから、正しいかもしれない悪役たちをご紹介します。
ネタバレ注意!

ローガン王(フェイブル3)
ザ・マスター(フォールアウト シリーズ)
ロゲイン・マク・ティア(ドラゴンエイジ:オリジンズ)
ヘイザム・ケンウェイ(アサシン クリード3)
ウォレス・ブリーン(ハーフライフ2)
アドリアン・ヴォクレール (シャドウラン・ドラゴンフォール)
グレタのレソ(ウィッチャー2)
ザ・ボス(メタルギアソリッドスリー スネークイーター)
マーリン(ザ・ラスト・オブ・アス)

BGM:
Mistery Horse – Find Me (Mistery Horse Remix)
SAVFK – Revolutions

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。