本当は正しかったディズニーの悪役

映画スタジオ「ディズニー」はこれまで100年近く、優秀でカリスマ性溢れる悪役達を輩出してきました。
華麗で記憶に残るキャラクターである彼らに、私達は恐怖心と同時にどこか好意を抱いてしまいます。
彼らの性格を深く知り彼らの立場にたって物事を見てみると、悪役がただの悪役ではなくなってきます。
それでは今日は、本当は悪者でなく正しかったかもしれないディズニーの悪役、早速見ていきましょう!

1.ジャングル・ブック。シア・カーン
2.トイ・ストーリー。シド
3.ライオン・キング。スカーとハイエナ達
4.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス。エゴ
5.ヘラクレス。ハーデース
6.アラジン。ジャファー

BGM:
ARGI – LONELINESS (Tribute to Avicii)
MBB – Feel Good

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。